投資相場 明日はどっちだ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

平成二十年 株式市場大観 

<平成二十年 株式市場大観>

   一月 気配は確りでも、買い手控えが良い。
      銘柄を選別しつつ、待つのも相場のうち。

   二月 年前半の安値をつける月。仕込みの好機。
      悪材料は逆に買い向かえ。

   三月 ほっとするが気を抜かず、買い玉を殖やせ。


   四月 人気は上向いて安心感広がる。
      吹き値利入れ、建玉の資金のバランスを保て。

   五月 刺激の乏しい環境に。多少もたつき加減になるも強気持続。


   六月 突発材料に右往左往しやすい。
      付和雷同せず、高値・安値とも逆張り方針が良い。

   七月 実のない空騒ぎに踊らされず、買い進むがよい。


   八月 前半もたつく場面あるも、強気持続方針が良い。


   九月 強象月。市場に強気満つ。持ち株利入れの好機。
      上値は他人にやれ。休むも相場。

   十月 弱象月。売り一貫。突っ込み拾いの色気を出すは禁物。


  十一月 続いて弱象月。月中まで戻り売り方針が良い。
      月末の平穏場面は仕込み姿勢で。

  十二月 来年相場への期待感広がり、物色意欲が市場にわく。
      強気の逆張り方針が良い。
スポンサーサイト
[ 2008/04/18 14:39 ] 株式 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。